仕事のPCが動かないとき

オフィス

中身だけでも取り戻せる

パソコンは多くの電子部品から構成されているため、ちょっとした衝撃から起動しなくなることがよくあります。こうした状態ではハードディスク内にデータが残っているものの、パソコン自体が起動しないため読み出すことはできません。重要なデータであれば、データ復旧のサービスを利用すると良いでしょう。業者では、パソコンでよく使われることの多いハードディスクやSSDを引き取り、内部に残されたデータを取り戻すサービスを提供しています。料金はかかるものの、バックアップのないオリジナルデータもサルベージできるのですから便利に感じるはずです。これらデータ復旧業者を利用する際には、気をつけるべき点があります。業者によって料金が異なるため、事前に見積もりをもらい比較することです。複数の業者から見積もりをもらうことで、費用を大幅に削減することができます。ハードディスクなどの記録媒体を取り外すときには、取り扱いに注意しましょう。特に静電気に弱く、うっかり端子部分に触れると中身を全て失う恐れがあるからです。取り外しの際は、パソコン以外の金属に一旦触れておくと静電気を逃がすことができます。衝撃にも弱いため、誤って落とさないよう注意するのはもちろん、梱包するときはエアークッションなどでショックから守る工夫も効果的です。ネット上には、無料で使える復旧用ソフトもあります。しかしこうしたソフトで取り戻せるケースは限られます。逆に、何度も復旧を試みて、かえって残っているはずのデータを壊す危険もあるのでやめたほうが良いでしょう。