丁寧な対応が大切

ハードディスク

損失の種類

何かのタイミングでデータを失ってしまって、それが大切なものであれば大変です。できることならばデータの復旧を行いたいところですが、完全に復旧できるとも限りません。また、データ損失後の行動しだいで、復旧度合いが違ってきます。ここでうまく対応できるかどうかでどのぐらい復旧できるか変わってくるので、慎重な行動が必要です。データの損失には主に2種類があります。一つは、論理障害、もう一つは物理障害です。論理障害とはハードディスクなどの物理的な媒体は損害を受けてはいなくても、誤ってファイルを削除してしまったり、ウイルスなどに感染してデータが消えてしまったりする時に起きる問題です。これはソフトウエアを活用していくことで修復できる場合があります。次に物理的障害です。こちらはハードディスクなどの物理的保存媒体が、衝撃などによって破損してしまった場合です。こちらでは早急な対応が求められます。不用意に何度も電源のオン、オフを繰り返してしまったりするとデータが失われてしまう可能性がありますので、慎重な対応が必要です。業者に依頼して中のデータを取り出すことに成功したら、保存媒体は廃棄するしかありません。このように、データの損失にも種類がありますので、どうしてデータが失われてしまったのか自分なりに分析してみることをお勧めします。そうすれば、よりきちんとした対応をすることが出来ますので、多くのデータを復旧させることができます。