オフィス

仕事のPCが動かないとき

仕事で使っているパソコンが動かなくなっても、中に保存されたデータはそのまま残っています。データ復旧業者に依頼すれば取り戻すことができるので、すぐに相談するようにしましょう。精密部品が多いため、取り扱いには細心の注意が必要です。

パソコン修理

パソコントラブルに対処

IT化の進展したオフィスで情報機器が故障しデータが失われると膨大な被害を受ける可能性があります。データ復旧サービスを利用すれば、自力修復が不可能な場合でも、高い確率で失われたデータを取り戻すことができます。

ハードディスク

丁寧な対応が大切

誤ってデータを損失してしまったら、データの復旧をしてみましょう。ここで注意しなければならないことは、損失にも種類があるということです。どのような理由からデータが損失したかによって対応が変わってきますので注意しましょう。

基板

トラブルの際は業者へ連絡

業務で使うIT機器のデータ復旧を依頼する時は、復旧実績などが多い業者を選び、不具合が起きた機器のメーカーや型番も予め確認しておきましょう。急いで復旧して欲しい場合は電話で連絡するのが良く、本申込は見積もりなどをもらって了承してから行います。

ハードディスク

パソコンなどの修理方法

パソコンが故障した時に内部データが必要な場合は、専門の会社に相談すれば必要な情報を取り出してくれるので安心です。データ復旧を頼める会社ではパソコンだけではなく、携帯電話の問題にも対応してくれる所もあります。

業者に取り戻してもらえる

ハードディスク

端末が壊れていても大丈夫

デジタル端末の中にあるデータを間違って消してしまったときは、取り戻す方法がありますが、素人の作業では難しいケースがほとんどです。そのため、どうしても失ってはいけないデータならば、復旧業者を調べて、そちらにお願いすることを考えましょう。端末を落下などで壊してしまった場合も、データを取り戻してくれるので、あらゆる場面で役に立ってくれます。パソコンやデジタルビデオカメラ、そしてSDカードなど、さまざまな端末に業者は対応しているので、取り戻したいなら託すことを考えましょう。なお、データ復旧業者に仕事を依頼すると、いきなり作業を進めるのではなく、まずは端末を検査してくれるケースが多いです。その検査で、データを復旧させるために、どのくらいの手間がかかるのか調べて、費用を算出してくれます。その金額が高すぎると感じたのなら、データ復旧を断ることもできるので、安心して端末を渡しましょう。もちろん、相談できる業者はいくつもあるため、いろいろなところに見積もってもらい、安く復旧してくれるところを比較・検討もできます。ちなみに、業者に端末を見せたときに、復旧はできないと断られてしまうことがあります。しかし、一つの業者が復旧をできないからといって、すべてのところが駄目だとは限りません。インターネット上で調べれば、『ほかの業者に断られたとしても任せて欲しい』といった趣旨の宣伝をしている業者があるため、そちらに連絡を取ってみましょう。

ロジテックINAソリューションズ株式会社

うっかり消してしまったパソコンのデータ復旧を依頼しましょう!こちらでその流れを確認できますよ。